抱っこ紐コニーkonnyを1年使ってみて分かった、メリット&デメリット。

sponsored link
ベビーグッズ
sponsored link

抱っこ紐「コニー」の購入をご検討中の方に。12ヶ月ほど使ってみて感じているいいところ、残念なところをお伝えします。

背中にペンギンマークの付いた抱っこ紐「コニー 」を使っている方をよく見かけるようになりました。

話しかけたくなってしまいますが、人見知りなのでガン見するにとどめています。

このページで思う存分語らせていただきます。人見知りは書くと饒舌になりがち。

sponsored link

コニー 抱っこ紐のデメリット

まずは気になるデメリットから。残念なところを正直に書きますよ。

腕があげにくい

コニーは肩ひもが二の腕あたりまで来ますので、バンザイできません。洗濯物が干しにくいです。

メッシュじゃないものは夏暑い、かも

メッシュ素材の「サマー」もありますが、そうではない生地のものは、ちょっと暑いですね。

これはコニーに限らず、他の抱っこ紐でも同じことかと思いますが、夏は赤ちゃんのお腹とママのお腹が汗だくになります。サウナスーツ効果でお腹やせたらいいのにと思ってました。(が、やせない)

濃い色は色落ちするかも

私はブラックを使っているのですが、最初のうちは白いトップスがうっすら黒くなりました。何度か洗濯していたら色落ちしなくなったのですが、濃い色のコニーは最初は気をつけた方がよいかもしれません。

長時間使用には、やっぱりエルゴ

コニーは楽とはいえ、長時間抱っこしていると、やっぱり肩に負担がかかってきます。

2時間くらいまでの外出にはコニーがとっても便利ですが、1日中抱っこするぞ、という日には、やっぱり腰でもがっちりホールドするタイプの抱っこ紐の方が楽です。使い分けがおすすめです。

パパと共有できない

自分にフィットするサイズ感が大事なので、コニーは基本自分専用。パパやおじいちゃんおばあちゃんと共有できません。レビューを読んだ中には、旦那さん用に別に買っている方も、ちらほらいらっしゃいました。

月齢が大きくなってくると安定しづらい

9ヶ月頃になると、赤ちゃんも体が大きくなり、よく動くように。月齢の小さいうちはコニーの中にすっぽりとおさまっていたのですが、コニーの中で動いたり、腕を出すようになると、やや不安定になってきます。常に片手を添えていないと、ちょっと不安。

1歳になった我が子。家の中での寝かしつけや近所のお散歩にはまだまだ活躍していますが、長時間の外出にはエルゴなどがっちりとした抱っこ紐を使うことが多くなりました。

月齢の小さいうちにこそ大活躍するものなので、ぜひお早めに手に入れてくださいね。

サイズ選びが難しい

コニーは実店舗での販売がないので、試着ができない。サイズ選びが肝だというのに!

私も血眼でレビュー読みまくりました。レビューを探しながら、誰かまとめてくれーと心から思ったので、まとめました私。

こちらにネット上のサイズ感レビュー100人分を一覧表にしています。よろしかったらご参考ください。

コニー 抱っこ紐のメリット

お次はコニーのメリット。いいところをご紹介します。

赤ちゃんが泣き止む&すぐ寝る

密着してすやすや。ありがたやー

よく寝る、泣き止む。これが一番好きなところ。コニたん、感謝しています。

2、3ヶ月の頃はよくギャン泣きしていましたが、コニーに入れると落ち着く。ぐずってもコニーに入れたら、わりとすぐに寝てくれます。

しかもママにぴったり寄り添って眠るのが最高にかわいいというおまけつき。最高の最高。

子はもう1歳になりましたが、寝かしつけのときに興奮状態になって、ベッドの上をハイハイで歩き回り、寝ない!イライラ!ということがしばしば。

そんなときもコニーが大活躍です。コニーに入れると最初はバタバタしていますが、しばらく暗い部屋をゆっくり歩いていると体を預けてきて、すやすや…。だいたい5分以内で寝つきます。
「え?もう寝たの?あんなに暴れてたのに?」と夫も驚きの早さ。

おそらく月齢の小さいうちからコニーで抱っこしていたので、安心感があるのかもしれません。

寝たまま降ろせる

コニーで寝た赤ちゃんをするっとベッドに下ろせます。ベルクロのベリベリ!という憎き音や、バックルを外す振動で起きちゃうこともなし。成功率高いです。

装着が楽 ”抱っこ紐はずし”の危険性なし

バックルやベルクロのような装着パーツが一切ないので、かぶって、赤ちゃん入れて終わり、というのが楽ちん。

近頃Twitterではママが背中のバックルを外されたという「抱っこ紐はずし」が話題になっています。他人に外される危険性があるなんて、今まで考えもしなかったのでゾッとしました。装着パーツがない抱っこ紐は、他人に外される、または意図せず外れてしまう、という危険性がないのもよい点だと思います。

かさばらない

エルゴと比較するのも忍びないほどにコンパクト。

ベビーカーで出かけるけど、念のため抱っこ紐を持っていきたいとき。コンパクトに持ち運べてかさばりません。私は旅行ですかというくらい荷物が大きくなりがちなので、助かります。

付けっぱなしでも、だらしなくない

赤ちゃんを入れずにエルゴを付けていると、ダラーンとしてちょっとだらしない印象になってしまいますよね。でも付けたり外したりはめんどうだから、しようがない。児童館に行くと、ママさんたちみんなぶらぶらしてます。

コニーは付けっぱなしで赤ちゃんを入れていなくても違和感がないのがすばらしい。

付けっぱなしにしていたコニーにおもむろに赤ちゃんを入れたら、ママ友に驚かれました。「ベスト着てるのかと思ってた!」と。

デザインも素材感も抱っこ紐っぽくなく、服との一体感があります。私は黒を使っているのですが、黒トップスを着ていると自分でも付けているのを忘れます。軽いし。

ゴツくない

肩幅の広い私は、エルゴをつけると、キャッチャーですか、特殊部隊ですか、というくらいのゴツさがでます。なにこのタフ感やだ。

赤ちゃんを全力で守ります感。

コニーは肩に厚みがなく、華奢に見えるのがうれしい。

コートの中にも着られる

ゆったり目のアウターでしたら、コニーを装着した上から着られます。オーバーサイズのコートだと赤ちゃんをコートに包みこめて、ママもあったかいです。

装着したままトイレに行ける、座れる

抱っこ紐で寝かせると、トイレに行きたくなりませんか。あるよね、あるある。コニーは付けたままおトイレできます。

また、そのまま座れるのでお食事もできます。赤ちゃんの頭がパンくずだらけになりますので、そこだけご注意いただいて。

肩も腰も楽

そんなバカな、こんな簡単な作りで楽なわけ…ほんとだー!とノリツッコミしたくなるほど楽です。

背中と肩の布が広いためか、ひもが肩に食い込んだりすることがなく、赤ちゃんの重みが分散されます。また、赤ちゃんと密着した状態を保てるので、手で抱っこするのよりも赤ちゃんがだいぶ軽く感じられます。

長男が新生児の頃は当時流行っていたスリングを使っていたのですが、片側だけの肩に重さがかかるので、とても肩が凝ったものです。

丸洗いできて、すぐ乾く

赤ちゃんは、すぐハムハムして、よだれでジューシーになりますので。すぐ洗えて乾きやすいというのはうれしい。

カラバリが豊富

おそらく、こんなにカラーバリエーションの豊富な抱っこ紐は、他にはないのでは。

ブラックベージュグレーといった定番の合わせやすいカラーから、ピンクミントストライプ といった着こなしのポイントになりそうな色柄まであって、選ぶのが楽しい!

ひとつ買ってサイズ感が分かったら、もうひとつ欲しくなってしまうラインナップ。

▼カラバリはこちら▼

チャコール ベージュ グレー
ブラック ピンク ミント
モカ ネイビー
グリッド ストライプ ワインドット

赤ちゃんのフォルムがかわいい

コニーに赤ちゃんを入れると、赤ちゃんのおしりがぷりんとまあるくなって、ずっと触っちゃいます。なでなでが止まりません。

首すわり前、新生児から使える

こんな簡単な作りなのに、新生児から20kgまで使えます。

新生児用インサートや新生児用の横抱き抱っこ紐を別に買う必要がありません。

公式サイトによると「赤ちゃんのケアに慣れた時期(生後2週以降)ご使用されることをお勧めします」とのことでした。

赤ちゃんの一ヶ月検診でつけているママをちらほら見かけましたよ。

抱っこの幸福感を味わえる

抱っこをしているときの幸福感が強いのもコニーのいいところ赤ちゃんの体温や匂いを感じられる密着感はコニーならでは、ではないでしょうか。

エルゴなどの他の抱っこ紐は、機能は高いのですがどうしても「赤ちゃんを運ぶ道具」のような感じ。コニーは「手で抱っこするのを楽にしてくれる道具」という感じでしょうか。大げさな装備もなく、薄い布一枚というシンプルな作りなので、ママの手で抱っこするのの延長、という感じです。
やわらかくて温かい赤ちゃんの体を感じながらお散歩するのは、とても幸せな時間です。

>>こちらにネット上のサイズ感レビュー100人分を一覧表にしています。よろしかったらご参考ください。

コニー公式サイト、Amazonどちらで買うのがおトク?

さて、いよいよ購入となりましたら、どこで買いましょう。
残念ながらコニーは実店舗での販売はありませんので、コニー公式サイトAmazonでの購入となります。楽天での販売もありません。(2020年3月現在)

結論から言いますと、2つ以上買うならコニー公式サイト、それ以外の場合はAmazonでの「Amazonギフト券」キャンペーンでの購入が最安値となります。

>>最安値で買う方法の詳細はこちらに書いています。

コニー抱っこ紐をAmazonでおトクに買う方法!

Amazonで使える「Amazonギフト券」をご存知ですか?「ギフト券」といっても自分のお買い物に使うことができ、現金で購入(チャージ)することで、ポイントが貯まります。Amazonプライム会員なら、最大2.5%のポイントがもらえます。

さらに、今なら初回購入(チャージ)で、1000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

つまり、5,000円をチャージするだけで、Amazonプライム会員なら合計1,050円分のポイントがもらえるというわけです。今回ご紹介した3つの商品のように、5,000円以上の商品を購入をするなら、この方法を使わない手はありません。

詳しくはAmazonのキャンペーンページをご覧くださいね。

↑Amazonにログインした状態でアクセスしてください↑

*****

赤ちゃんが泣き止む&すぐ寝る、寝たまま降ろせる、装着が楽、持ち運びできる、コートの下につけられる、肩も腰も楽…などなど、とっても便利なコニー抱っこ紐。
コニーがあるだけで育児が楽になりますし、赤ちゃんと一緒の時間がより幸せに快適になりました。ぜひぜひ、お早めに手に入れることをおすすめします。

>>コニーを最安値で買う方法はこちらの記事に書いています。

>>こちらの記事では、コニーのネット上のサイズ感レビュー100人分を一覧にしています。

●RECOMMEND こちらの記事もよく読まれています